オリバー ツイスト見て来ました。

オリバー ツイスト見て来ました。オリバー ツイスト見て来ました。
当時のロンドンのロケセットを、ポーランドに作り、CGは使わない手法に、違和感なく、映画を鑑賞できる幸せを感じました。
CGと実写の違和感を探すのが、最近の映画鑑賞の楽しみでしたが、バックの遠景以外は、やはり、CG、合成無しなんでしょう。それから、暗い部分は、とことん暗い。かつて、「ゴットファーザー」の時よりも、たぶん、もっと暗い撮影ですね。当時の夜になると闇になってしまう街並みと言うか、オリバー ツイスト見て来ました。
当時のロンドンのロケセットを、ポーランドに作り、CGは使わない手法に、違和感なく、映画を鑑賞できる幸せを感じました。
CGと実写の違和感を探すのが、最近の映画鑑賞の楽しみでしたが、バックの遠景以外は、やはり、CG、合成無しなんでしょう。それから、暗い部分は、とことん暗い。かつて、「ゴットファーザー」の時よりも、たぶん、もっと暗い撮影ですね。当時の夜になると闇になってしまう街並みと言うか、夜になると、本当に怖い街だったんですね。さらに、霧がかかって、
当時のロンドンは世界一の都市だったと思うのですが、街灯はまだ、限られた場所だけだったのでしょうね。
この映画を見たあと、怖い夢をみました。どんどん、殺人シーンがでてくる、昨今の映画を見慣れているものには、何のことはない、殺人シーンがある映画なのですが、監督がなにせ、ロマンポランスキーなので、夢にまで見てしまいました。
あらためて、ロマンポランスキーの「戦場のピアニスト」見たいし、これは、DVDも欲しい映画です。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック